【コロコロ便の原因】

便秘の症状でもあるコロコロ便は、痙攣性便秘にも分類され原因として大腸の機能低下が関係していると考えられ、自律神経の異常が腸の機能低下を招いているとみられています。
ストレスなどに常にさらされて緊張状態に陥っていると、交感神経が優位に立ち、腸の蠕動運動が止まってしまい腸が痙攣を起こし、その結果便秘となると考えられています。
また腸に負担がかかるような食生活も蠕動運動を鈍らせる原因になります。
このようにコロコロ便は、日常生活と深く関係している便秘でもあるのです。

【痙攣性便秘の症状】

痙攣性便秘に見られがちな症状として、次のような特徴があります。

○便意はあるのになかなか出ない(出ても極少量)
○ウサギのフンのようなコロコロとした硬い便
○排便後にも残糞感がある
○よく下痢と便秘を繰り返す
○排便前は腹痛を伴い、排便後は軽快に向かう

このような症状があるのなら、疑ってみてもいいかもしれません。

【コロコロ便の解消】

コロコロ便を解消したいが為に、大腸を直接刺激するようなことは控えましょう。
特に下剤を使ったりすると結果的に逆効果になりかねません。
また、繰り返し使用するうちに習慣性がついてしまうので、薬量を増やさなければ効果がでないような頑固な便秘に悪化してしまう恐れがあります。
そこで水に溶けやすい水溶性食物繊維を摂る事をオススメします。昆布・わかめなどの海藻類・ごぼうなどが良いでしょう。

【便秘解消にモリモリスリム】

オススメなのが腸を刺激することなく、日本茶風味の美味しさで毎日飲める「モリモリスリム」。
すべて自然の植物だけで作られ、世界の【草・穀・菜・果・木】24種類の原料が配合されています。
morimorislim

原料 

ゴールデンキャンドル、桃の花、羅漢果、麻の実、オオバコ、フユアオ、カワラケツメイ、キダチアロエ、スピルリナ、アマチャズル、明日葉、ヤーコン葉、コタラヒム、コレウスフォルスコリ、ガルシニア、プーアール、杜仲の葉、桑の葉、蓮の葉、ほうじ茶、ハト麦、玄米、イチョウの葉、薔薇の花

お腹に優しく、自然にスッキリ爽快感を体験することができますよ。

morimori コロコロ便【原因と解消】